『金の菊芋』の飲み方や飲むタイミングは!?

飲み方・飲むタイミング
『金の菊芋』は、『金の菊芋』に含まれているイヌリンが、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる商品になります。

サプリの粒の大きさは飲みやすいサイズ感になっていますが、実際に、『金の菊芋』を飲む際に、特別な飲み方があったり、飲むのにジャストなタイミングで飲まないとイケナイなんてことがあったら、ずぼら星人のマサキには『金の菊芋』を継続して飲むのは、困難になってしまいますし、貴方が『金の菊芋』を摂取する時も面倒で続けて摂取することができなくなってしまうといけません。

そこで、『金の菊芋』飲み方飲むタイミングについて調べてみました。


『金の菊芋』の飲み方♪♪






『金の菊芋』に特別な飲み方は存在しません。


1日7粒を目安に、水やぬるま湯と一緒に飲むだけです。

『金の菊芋』の粒は小さいサイズです。

飲みやすいのはもちろんのこと、気管内に誤って飲み込んでしまう誤嚥(ごえん)の心配も減らすことができて、安心です♪♪

また、ポリポリと噛んで食べることもできますので、水やぬるま湯が用意できない状況でも『金の菊芋』を摂取することができるのも、マサキ的には嬉しいポイントです。


何にせよ、『金の菊芋』を摂取するのに、アクロバットな飲み方や、飲む時には北を向いて飲まないといけないといった、変な飲み方をしなくてもいいですので、普通に、水やぬるま湯で『金の菊芋』を飲んで、食後の血糖値の管理に役立ててみて下さい。


『金の菊芋』を飲むタイミングは?






『金の菊芋』を飲むタイミングは、特殊なタイミングではありません

個人差や食事の内容やタイミングもある為に、一概に断言することはできないですが、『金の菊芋』を飲むタイミングは食事の約30分前がオススメです。

1日7粒を目安に、食事の30分前ぐらいのタイミングで『金の菊芋』を飲むようにしてみて下さい。


『金の菊芋』は、1日7粒が目安になっています。

『金の菊芋』は機能性表示食品になりますが、多量に摂取しても効果が多く期待できるというモノではありませんので、マサキは過剰に摂取することはオススメしません。

1日7粒飲むのをオススメします。


まとめ






『金の菊芋』は、『金の菊芋』に含まれているイヌリンが食後の血糖値の上昇を抑えてくれる、機能性表示食品になります。


『金の菊芋』の飲み方や飲むタイミング特殊で特別なモノはありません


『金の菊芋』は、1日7粒を目安に、水やぬるま湯で、食事の30分程度前に飲むだけでイイです。


『金の菊芋』の粒は小さく飲みやすいですし、味もいいので、飲むのに苦労することは無いとマサキは考えています。





また、粒が小さいので誤嚥や誤飲の心配を減らすこともできて、安心して飲むこともできます。

それに、水やぬるま湯という流し込む為の液体が無い状態でも、ポリポリと噛んで食べることも『金の菊芋』はできますので、外出先でも摂取することは可能です。


機能性表示食品は、多量に摂取しても、多くの効果が期待できるというモノではありませんので、1日7粒の目安は守ったほうがイイとマサキは考えています。


それでは、また。
error: Content is protected !!