『金の菊芋』の注目材料の菊芋って!?

菊芋について
『金の菊芋』は、『金の菊芋』に含まれているイヌリンが食後の血糖値の上昇を抑えてくれる商品になります。


原材料の99%菊芋


当然、『金の菊芋』のことが気になっている方は、原材料の99%も含まれている菊芋の存在が気になると思います。

そこで、菊芋について調べてみましたので、気になる方は参考になさってみて下さい。


菊芋の魅力について






『金の菊芋』の原材料は99%が菊芋。

菊芋は“芋”という名前が付けられていますが、イモの仲間ではなく、“キク科”に属する植物になります。

菊のような黄色い花と生姜のような形をした塊が根に付いています。

根っこの生姜のような塊の部分が食用です。

北米産の植物で、1年で土地の栄養素を全部吸収してしまう程の強い生命力を持っていて、非常に繁殖力が強く、在来種が競合駆逐される恐れがある為に、環境省から要注意の植物に指定されている植物でもあるそうです。

菊芋の魅力は“天然のインシュリン”と呼ばれているイヌリンという成分が60%くらい含まれているところ。


イヌリンは水溶性の食物繊維で、菊芋は世界中に生育している食物の中で最も多く含まれています。

菊芋の旬は11月~2月頃になり、最も多く出回る時期には、11月~12月になる植物になりますので、菊芋を食べる際には11月~2月の旬の頃に食べるとより美味しく食べられると思います。


菊芋にはYouTubeに↓のような食べ方が紹介されていましたので試してみて下さい。








菊芋の主成分はイヌリン!!






菊芋の魅力60%含まれている水溶性食物繊維のイヌリンにあります。


“天然のインシュリン”と呼称されているイヌリン。

菊芋のイヌリンが“天然のインシュリン”と呼ばれるのは、菊芋を食した際、イヌリンが胃に到達した時に、水分を吸収して、ゲル状になり、糖質を絡め取ってくれ、イヌリンは体内で吸収されにくいモノなので、腸での糖質の吸収を抑えてくれる為、血糖値の上昇が抑えられるからです。

『金の菊芋』も、『金の菊芋』に含まれているイヌリンが、食後の血糖値の上昇を抑えてくれますので、食後の血糖値の上昇が気になる方は見逃さないで下さい。


『金の菊芋』は、『金の菊芋』に含まれているイヌリンが、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる効果が期待できる商品です。

それ以外の効果は見込めません。


ですので、スーパーフードとも称される菊芋への過剰な期待から、例えば、“ダイエット作用”を期待しても、その期待にば応えられないです。

過剰な期待は、『金の菊芋』の真の姿を見えなくさせるばかりか、貴方の貴重な時間や富を奪ってしまう原因にもなりかねませんので、ご注意下さい。


菊芋に歴史あり!!






菊芋の原産地は北アメリカと言われています。

1605年、フランス人の探検家であるサミュエル・de・シャンプランがネイティブインディアンが栽培していた菊芋を食べて、アーティチョークのような味だと思い、フランスへと持ち帰り、1722年のヨーロッパで起きた飢饉の時に広がりました。

厳しい環境でも比較的に栽培が用意な菊芋が、栄養源として利用されたそうです。

第二次世界大戦時には、配給カードが無くても購入できる商品だったこともあり、多くの国で食べられるようになりました。


日本へは幕末、1853年のペリー来航時に伝来しています。





強い生命力と強い繁殖力で注目され、理学博士の伊藤圭介さんと愛弟子の田中芳男さんにより研究と育成が進められました。

“その花は菊の如く、根は芋の如きにより”“菊芋”と命名されました。


こんな歴史を菊芋は持っている植物になります。

マサキは菊芋の存在を知りませんでしたが、ペリー来航時に日本に来ていたなんて驚きました。


まとめ






『金の菊芋』の原材料の99%は菊芋です。

菊芋は、生命力繁殖力強い植物になります。

菊芋の魅力は成分にイヌリンが含まれているところ。

イヌリンは水溶性食物繊維になります。

イヌリンは“天然のインシュリン”とも呼ばれ、体内で絡め取った糖質を腸で吸収されるのを抑えてくれます。


世界に生育している植物の中で、イヌリンが最も多く含まれているのが菊芋なんだそうです。


菊芋が日本にやってきたのは、1853年のペリー来航時。

その生命力と繁殖力の強さで注目をされたそうです。

“その花は菊の如く、根は芋の如きにより”、“菊芋”と命名されています。

“芋”という言葉が入っていますが、“菊芋”は“イモ”の仲間ではなく、“キク科”に属している植物になります。


それでは、また。
error: Content is protected !!